節約・お得

【裏ワザあり】社会人がAbobe CCをお得に利用する方法4選

avatar

ブロガーさん

思ったよりもデザインが楽しくなってきたから、Adobe CCの購入を検討しているんだけど、安く購入できる方法ってないのかな?

avatar

ジーナ

こんにちは、ジーナです(@ydl_gina)。
今回は、年間30,000円以上もお得に利用できる方法を紹介するよ。実際にわたしも利用しているので、安心してね!

ちょこっと自己紹介

この記事を書いているジーナ(@ydl_gina)は、Web関連企業に勤める傍ら、スポットでデザインや動画などのクリエイティブなことから、雑務作業まで、副業でコツコツ稼いでいます。
また、お得と節約が趣味で、ポイ活、懸賞で今までトータル100万円以上稼いでいるアラサー女子です。

Adobe Creative Cloudとは?

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)とは、IllustratorやPhotoshopをはじめとした、アドビ社が提供するクリエイティブツールをサブスク型で利用できるサービスです。

Illustrator、Photoshopだけ、など、単体の利用もできるのですが、今回ご紹介するコンプリートプランを利用すれば、イラレ/フォトショなどのデザインツール、プレミア/アフターエフェクトなどの動画編集ツールなど、アドビ社が提供するクリエイティブツールをすべて使うことができます。

avatar

ブロガーさん

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランがあれば、デザイン、動画編集、写真加工、PDF編集など、なんでもできちゃうね!すごーーい

どんなプランがあるの?

単体プランとコンプリートプランの違い

Illustrator、Photoshop、Indesignなど、デザインツールの単体プランを見てみると、月額2,480円(税別)それぞれにかかります。

デザインをしていると、ここはフォトショでやった方が早い、リーフレットはインデザインで制作したいなど出てくるので、それぞれ単体で揃えるより、コンプリートプランを購入する方がお得です。

Adobe CCメンバー向け無料講座もあるよ

Adobe社が提供するAdobe CCメンバー向け無料オンライン講座では、使い方はもちろん、プロから見たオシャレなクリエイティブデザインや動画作成の方法などを聞くことができます。

ツールの使い方講座はこちらからどうぞ

デザインのプロから聞く「いいデザイン」とは

IllustratorとPhotoshopを使ってLINEスタンプを作成しよう、などの講座があります。

こちらに関しては、メールで案内がきていたのですが、素材も用意されていたので、動画を見ながら実践できます。楽チンですね!

avatar

ブロガーさん

ツールを購入しても操作方法がわからない、どんなときに使ったらいいのかよくわからなかったから、いろんな講座を見れると聞いて一安心。

ちなみに、困っているときに相談できるコミュニティ、それでも解決しないときは、お問い合わせももちろん可能なので安心してくださいね。

購入方法は?

購入方法 コンプリートプラン
1年ライセンス版(税別)
個人 月額5,680円/年68,160円
法人 月額7,980円/年95,760円
学生・教職員 初年度:月額1,980円/年23,760円
2年目以降:月額2,980円/年35,760円
教育機関 1ユーザーあたり:月額3,680円/年44,160円
1デバイスあたり:年33,000円

購入方法は、個人、法人、学生・教職員・教育機関と分けられており、社会人がコンプリートプランを購入するには、個人での購入となります。

avatar

ブロガーさん

個人だと、年間68,160円(税別)!?
こりゃ思っていたよりするなー。

avatar

ジーナ

大丈夫、安心して。
わたしがAdobe CCを安く利用している方法を紹介するよ!

Adobe CCをお得に利用する方法

 

お得に購入する方法は、4つ
  • たのまな
  • デジハリ
  • Amazon
  • 【Adobe公式】解約特典

それぞれのメリット、気になる点を解説していきます。

コンプリートプラン
1年ライセンス版(税別)
※2020年09月10日現在
オンライントレーニング講座 オンライントレーニング講座期間 メリット デメリット
たのまな 36,346円 1ヶ月
  • 課題提出なし
  • ライセンスコードが郵送のため、Adobe製品を利用するまでに少し時間がかかる。
デジハリ 36,346円 1ヶ月
  • オンライン動画で実践した作品をプロが添削してくれる(2ヶ月間)。
  • クレジット決済でAdobe製品、動画視聴がすぐにできる。
  • 課題あり(やらなくても大丈夫。そういうのはよくない^^;)
Amazon 59,179円 × なし
  • Amazonセール時はこの中で最安値になることも。

※先月は29,800円くらいで販売していました、確か(スクショ撮っておらず、すみません)。

  • セール時以外、Adobe公式より1万ほどしか安くない(それでもありがたい^^;)。
【Adobe公式】解約特典 35,760円 × 無料講座あり
  • この中で最安
  • 解約特典料金で利用できる期間が決まっている。
  • Adobe製品を元々利用していることが前提。

 

  • 元々Adobe製品を利用している方は、【Adobe公式】解約特典
  • これから始める、購入する方は、「たのまな」か「デジハリ」
  • Amazonプライム会員やセール時にあたった方は、「Amazon」

たのまな通信講座から学生料金で購入する

まずはじめにご紹介する方法は、ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」から学生料金で購入する方法です。

たのまなで購入すると、通常価格 年/71,637円(税別)のところ、49.6%OFFの年/36,346円(税別)で利用できます。


 

購入、設定方法を知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

社会人がAbobe CCを安く利用するには、たのまなで学生になろう<商用利用OK> https://yydesignlab.com/wp-content/uploads/2020/09/d24f58bbe158e0b...

デジハリオンラインスクールから学生料金で購入する

次にご紹介する方法は、デジハリオンラインスクールから学生になり、Adobe CCを購入する方法です。

デジハリからAdobe CCを購入すると、通常価格 年/71,637円(税別)のところ、年/36,346円(税別)で利用できます。

たのまなとの違いは、オンライン動画講座に加え、プロによる添削がついているところと、クレジット決済の場合、Adobe製品をすぐに利用できる点です。

思い立ったら吉日、すぐに利用したい方は、デジハリオンライン講座から購入することをおすすめします。

プラチナスクールパートナーとは

 

アドビ社が公式に認めたスクールで、受講者向けに、学生・教職員個人版を提供してもいいよというプログラムです。

たのまなもデジハリもAdobe公式プラチナスクールパートナーなので、安心して受講できます。

また、プラチナスクールパートナー校以外のオンライン講座では、学生料金が適用されないので、学生料金で利用したい場合は、「たのまな」か「デジハリ」から購入しましょう。

Amazonで購入する

Amazonでは、公式サイトより1万円ほどお得にAdobe Creative Cloudを購入できます。

Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版

新品価格
¥65,097から
(2020/9/11 14:36時点)

 

Amazonのセール時については、「電子ギフト券 買取デラックス」さんのサイトで解説されているので、ぜひ参考にしてください。

何もない日に購入するより、セール時に購入する方が得策ですよ^^

 

Adobe公式解約特典

ご紹介した上記4つの方法、全て利用したことがあるのですが、今現在わたしは、解約特典料金でAdobe CCを利用しています。

 

なぜ解約しようかと思ったのかというと、やはり値段。

もそうですが、わたしの場合、Adobe CC の入ったPCを付与してくれる会社で勤務する機会があり(ブラックな予感^^;)、自分で契約しているAdobe製品を使う機会が少なくなってしまい、それであれば解約するか、と操作を進めたところ、解約特典料金で利用できることとなりました。

 

解約特典は2021年5月22日までなので、それ以降は「たのまな」か「デジハリ」かAmazonの中で最安値のものを購入、利用したいと思います!

解約特典料金で利用する手順は、「Shed×Life blog」さんのサイトで解説しているので、参考にしてください。

https://shedxlife.com/pc/231/

解約金を支払わないで解約する方法に関しては、「ゆきおみの子育てカメラブログ」さんのサイトがわかりやすくて面白かったので、参考にしてください。

https://ik-life.com/adobe-cc-cancel-a-contract/

  併せて購入しておきたいモノ

写真やデザイン、動画編集など、クリエイティブなものを作成するとPCが重たくなります。

その際、あると便利なのが外付けHDD。

 

ポートフォリオやバックアップ用として利用するのもおすすめです。わたしはこちらのHDDをバックアップ用として使用しています。

まとめ

1年ほど前は、「たのまな」で購入するのが最安だったのですが、ここ最近はデジハリ、Amazon、Adobe公式サイトも頑張っているので(笑)、どこから購入しても1年ライセンス版にして、買い替えの際に最安値を確認、再度購入する形がベストかもしれません。

avatar

ジーナ

資金があるなら、安いうちに3年版ライセンスを購入するのもありですねー。見た時が買い時!お得に賢く利用しましょう〜

avatar

ブロガーさん

わたしはまだAdobe CCを持っていないから、今回は、手順も書いてある「たのまな」から購入しまーす


 

それでは、また〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください